--.--.-- --:-- (--)  スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↑ページトップ

2012.08.23 17:07 (木)  お知らせなど

気付くのが今さらですみませんっ!!!
そして、ながらくブログを放置していた結果、
ログインのパスを忘れてしまったため、コメントをみることができません(´;ω;`)ウッ…
もしこちらも見ておられましたら、
申し訳ないのですが、ご一報いただければ幸いです!!!!

ほんっっっっっっとうにごめんなさい!!
スポンサーサイト

コメント(1) | トラックバック(0) | ↑ページトップ

2011.12.23 02:13 (金)  自作詩


日常に飲み込まれる
愛してた音も色も言葉もすべて
過ぎゆく日々に飲み込まれてしまう
僕はもうからっぽだ

からっぽはこわい
この先にもう何もないように思えるから
もう一度僕を満たして

コメント(0) | トラックバック(1) | ↑ページトップ

2011.12.23 02:06 (金)  自作詩


閉じられた世界で
ずっとずっと眠って居たかった

いつか出ていかなくちゃいけないことも
わかってたつもりだった
でも本当はこれっぽっちもわかってなかったんだ
一度そこを出ていったが最後、二度とは戻れないってこと

だけどビー玉みたいな世界から一歩踏み出したから
君に出会えたよ

君だってそうでしょう?
恐る恐る君の世界を抜け出して
一歩一歩確かめながら
何度も何度も振り返りながらここまで
歩いてきたのでしょう?

大丈夫
ひとりぼっちじゃない

コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ

2011.12.23 01:24 (金)  自作詩


吐く息は白く
僕の指先は冷たく
君は温かい

コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ

2011.09.13 01:30 (火)  自作詩


なにもかも上手くいかなくて
自信がなくて
全部投げ出したくなって

だけど後ろを振り返れば
たくさんの時間と記憶の層があって
今は失ってしまった遠い日の君の愛さえ
僕を支えていることに気づくんだ
僕はその愛を誇れるんだと
僕はまだ強くなれるんだと

だから僕はまた前を向いて
歩くことができる

テーマ : 自作詩 - ジャンル : 小説・文学

コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ

2011.07.15 23:16 (金)  自作詩

恋よ

春の桜の花びらよりも軽やかに
舞い落ちて

夏の雨の匂いよりも明らかに
僕の鼻先にある

秋の足音よりも密やかに
忍び寄り

冬の雪よりも冷たく僕を
凍てつかせる恋

テーマ : 自作詩 - ジャンル : 小説・文学

コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ

2011.01.21 00:21 (金)  自作詩


どれだけの言葉を積み重ねたら
この想いを伝えられる

誰も必要じゃなかったんだ
君と出会うまでは

失くせないものなんてなかったんだ
君を愛するまで

だけど ねぇ
今はこわくてこわくて仕方ないよ
いつか君を失くすのが

だから今はそばにいて
そばにいて

コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ

2010.11.27 00:22 (土)  自作詩

君が嬉しい時
僕も一緒に嬉しい

君が悲しい時
僕も一緒に悲しい

なのにどうして
君が痛い時
僕は痛くないんだろう

どうして
君が血を流しても
僕の血は流れないんだろう

どうして僕たちは
なにもかも一緒じゃないんだろう

どうして君と僕は
別々の存在なんだろう

どうして僕たちは
どれだけ抱きしめあっても一つじゃないの

ねぇどうして…

テーマ : 自作詩 - ジャンル : 小説・文学

コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ

2010.11.27 00:15 (土)  自作詩

難しい言葉とか
かっこいい言い回しだとか
たくさんたくさん覚えてきたんだよ

君に伝えるため
ただそれだけのために

僕の気持をわかってほしくて
ただそれだけのために

だけどね
君を目の前にすると気づくんだ

本当に必要だったのは
すごくシンプルな言葉たち

テーマ : 自作詩 - ジャンル : 小説・文学

コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ

2010.11.27 00:02 (土)  自作詩

嘘つきな太陽をバットでこなごなに砕いて

ガラスの破片に映る幾千の世界を眺め終わったら

ドアを蹴とばして

また夜に帰ろう

僕を待つ夜に帰ろう

テーマ : 自作詩 - ジャンル : 小説・文学

コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ

2010.11.26 23:53 (金)  自作詩

燦々と降りそそぐ太陽の下で

凍てつく冬の星座の下で

舞い上がる花風の中で

僕の右手を温めていたのは

いつだって君の小さな左手だった

テーマ : 自作詩 - ジャンル : 小説・文学

コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ

2010.11.19 08:15 (金)  自作詩


望まれないで生まれてきたの
ただの欲望の結果として
偶然この世に生まれおちたの
最初から要らなかったの

だから
何も望まないよ

あなたに愛してもらえること
それ以外は

テーマ : 自作詩 - ジャンル : 小説・文学

コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ

2010.11.19 07:52 (金)  自作詩


地下室から革命を起こそうよ
君と僕と二人だけで

右手にオレンジ、左手にレンチ
お揃いのブーツ、色違いのコートで
右足を踏みしめ、左胸を高鳴らせ

地下室から革命を起こそうよ
君と僕と二人で

ドアを蹴破って、今すぐにさ
君の声を聞かなかった世界に
僕を見なかった世界に
存在の証明を

テーマ : 自作詩 - ジャンル : 小説・文学

コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ

2010.11.19 07:23 (金)  小さなコトバ

僕が神様ならこう言おう「笑顔あれ」って。そして、君の笑顔を見て良しとしよう。

テーマ : 自作詩 - ジャンル : 小説・文学

コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ

2010.11.19 07:21 (金)  自作詩


どうか私の手をひいて
迷子にならないように

どうかおやすみのキスをして
こわい夢をみないように

どうか一人で先にいかないで
おいてけぼりはこわいの

どうかお願い

どうかお願い…

たくさんの約束でがんじがらめになって
私たちもう溺れそうね

テーマ : 自作詩 - ジャンル : 小説・文学

コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ

新しく書きました!

新しいコメント!

新しいトラックバック!

プロフィール

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。