--.--.-- --:-- (--)  スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↑ページトップ

2010.11.26 23:53 (金)  自作詩

燦々と降りそそぐ太陽の下で

凍てつく冬の星座の下で

舞い上がる花風の中で

僕の右手を温めていたのは

いつだって君の小さな左手だった
スポンサーサイト

テーマ : 自作詩 - ジャンル : 小説・文学

コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ

この記事へのコメント

コメントを書く

装飾
管理人にのみ表示
 

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ

新しく書きました!

新しいコメント!

新しいトラックバック!

プロフィール

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。